札 幌  #04 #01  #02  #03  #05  INDEX  小樽  函館  函館大火  道内各市町村  
076 077 078 079 080
札幌停車場より南を望む
右手 伊藤組本店 ( T7 )
左手 五番舘
札幌停車場通り
大通西4 付近より北を望む
遠方正面は札幌停車場
馬鉄の開通は M45
札幌停車場通り
北2西4 付近より北を望む
左手は山形屋旅館
スタンプは
北海道物産共進會開催紀念
MEIJI 39-9-10
札幌停車場通り ( 北2西4 )
開道50年記念博覧会 ( T7 )
第二会場 工業館 ( 工事中 )
S9 グランドホテル建設のため
取壊し
札幌停車場通り
大通付近より北を望む
右手は
北海道拓殖銀行本店 ( M42 )
矢橋賢吉 設計
大きなサイズは こちら
081 082 083 084 085
札幌停車場通り
南1条付近より北を望む
右手前は京屋呉服店
( 現 三越の位置 )
左手中央は
札幌拓殖貯金銀行 ( M29 )
西2丁目通り
大通付近より南を望む
左手前は池内商店 ( M26 )
その奥は中野時計店 ( M40 )
右手は藤武良呉服店 ( M32 )
「藤武良」は 今井藤七・武七・良七
三兄弟の名前から
西2丁目通り
南2条付近より北を望む
左手は藤武良呉服店
082 の反対方向からの眺め
西2丁目通り
大通付近より北を望む
左手は北海タイムス社 ( T11 )
( 現 北海道新聞社 )
右手は札幌郵便局 ( M43 )
逓信技師 吉井茂則 設計
創成川通り
北3条付近より南を望む
右手に
豊平館 ( M13 北大通西1 )
086 087 088 089 090
創成川通り
消防望楼より北を望む
左手は豊平館 M32 より
札幌祭りの見せ物小屋は
南1条〜南3条の創成川河畔で
S34 から中島公園に移転
鉄北 ( 西5丁目 ) 通り
北8西5 付近より北を望む
右手は
丸善書店札幌出張所 ( T11 )
左手は
北海道大学正門
南1条通り
西5丁目より東を望む
左手 南一条郵便局
( M34 開局 )
馬鉄の開通は M 45
南1条通り
西1丁目より西を望む
右手は今井呉服店
( T5 南1西2 )
T13 焼失
丸井今井呉服店屋上より
南東を望む ( T5 南1西2 )
091 092 093 094 095
南1条通り と 創成橋 ( M43 )
東1丁目より西を望む
右手 北海道銀行札幌支店
( T10 設計施工 伊藤組 )
S39 取壊し
右手前は南一条交番 ( M44 )
S46 開拓の村に移築復元
南1条通り
西3丁目付近より西を望む
右手 塔のある建物は
十二銀行札幌支店 ( T8 )
手前は
安田銀行札幌支店 ( T12 )
南1条通り
西4丁目より東を望む
左手 三越札幌支店 ( S7 )
( 京屋呉服店 跡地 )
南1条通り
西3丁目より西を望む
右手 十二銀行札幌支店
左手 三階建は冨貴堂書房
丸井今井屋上より東を望む
右手前 高桑商店 ( M40 )
S45 取壊し  一軒おいて
古谷商店 ( M44 ) S43取壊し
その奥 秋野総本店薬局
( M34 ) 創業 M5 現存
096 097 098 099 100
南1条通り
西1丁目より西を望む
右手前は 今井呉服店 ( M19 )
( 創業は M 7 藤七 26歳 )
その奥 今井洋物店 ( M21 )
( 呉服店より独立 )
左手は高桑商店 ( M40 )
南1条通り
西3丁目より東を望む
右手前は 藤井商店 ( M40 )
左手 池内商店 ( M26 )
馬鉄は M45 開通
南1条通り
西4丁目より東を望む
左手に 京屋呉服店・京屋洋品店
・十二銀行などを望む
路面電車の開通は T7.8
三越の新築は S7
西2丁目通り
南1条より南を望む
右手は 藤武良呉服店 ( M32 )
( M40 大火で焼失 )
北3条通り
西3丁目より東を望む
右手は エンゼル館 ( T2 )
路面電車苗穂線の開通は T8.5
札 幌  #04 #01  #02  #03  #05  INDEX  小樽  函館  函館大火  道内各市町村