◆ 大通とその周辺地区の出来事に関する簡単な年表を用意致しました。
  開道五十年記念北海道大博覧会の頃までです。参考までにどうぞ。
月 日 事              項
明治 2年 (1869) 7. 8 開拓使 設置 開拓使長官 鍋島直正、清水谷公孝 開拓次官、開拓判官 島義勇 任命
  11.10 開拓判官 島義勇、札幌に到着
   4年 (1871) 5.-- 開拓使の測量により幅 60 間の火防線を設ける
   6年 (1873) --.-- 大通が後志通と呼ばれる
   9年 (1876) 5.-- 大通西 3、 4 丁目に札幌官園が二ヶ所の花卉園を設ける
  11年 (1878) 10.15 第一回農業仮博覧会 ( 西 3 丁目 ) ( 〜 10 . 16 ) ( 札幌農学校教授 ブルックスの提案 以後隔年開催 )
  12年 (1879) 2.-- 豊平館着工 ( 西 1 丁目 )
  13年 (1880) 10. 1 第二回農業仮博覧会 ( 西 3 丁目 ) ( 〜 10 . 5 )
  11.-- 豊平館竣工 ( 設計 開拓使工業局営繕課安達喜幸 施工 大岡助右衛門 )
  14年 (1881) 6.25 市街の通り名を廃止して条丁目制にする
  31年 (1898) 3. 4 札幌電話交換局着工
  12.20 札幌電話交換局竣工 ( 33 . 3 . 1 〜 業務開始 )
  32年 (1899) --.-- 偕楽園より開拓記念碑を移設 ( 大通西 6 )
  33年 (1900) 4. 1 北海道拓殖銀行 開業
  34年 (1901) --.-- 大通逍遥地 完成 ( 大通西 1 〜 8 )
  41年 (1908) --.-- 練兵場跡を大通逍遥地に加える ( 大通西 9 〜 10 )
  42年 (1909) 5. 2 三ヵ年計画で大通逍遥地の整備に着手 ( 大通西 3 〜 9 東京府造園技師 長岡安平 [ 1842 ─ 1925 ] )
  8.14 札幌区役所 竣工 移庁式 挙行
  11.10 永山将軍銅像 建立
  43年 (1910) 5.12 北海道拓殖銀行本店 竣工
  12.25 札幌中央郵便局庁舎 新築
  44年 (1911) --.-- 大通に全面的に植栽 逍遥地としての整備完了
  8.25 皇太子殿下 豊平館に滞在 ( 〜 30 日 )
大正 5年 (1916) 4.20 大通の花壇にチューリップなどの植え込み ( 西 4 丁目 )
   7年 (1918) 8. 1 開道五十年記念北海道大博覧会 開催 ( 〜 9 . 19 )
  8. 1 児童博覧会 開催 ( 〜 9 . 19 大通西 3 丁目 北海タイムス社 主催 )
  8.12 市内全域で市街電車を運行 ( 札幌電気軌道会社 )
     
   
     
昭和25年 (1950) 2.18 第一回 さっぽろ雪まつり 開催 ( 西 7 ・ 8 丁目 )
  55年 (1980) 6. 6 都市公園法が適用
   
平成23年 (2011) 9.12 大通公園 100 周年記念ウィーク 開催 ( 〜 9 . 19 )
この年表の作成にあたっては多くの文献を参考にさせて頂きましたが、記述に間違い等がございましたら訂正致しますので、
お手数でもご連絡頂ければ幸いです。
BACK