函 館  #03 #01  #02  #04  #05  #06  INDEX  札幌  小樽  函館大火  道内各市町村  
051 052 053 054 055
元町 水道配水池 元町 高区水道配水池 汐見町 水道第一沈澱池 赤川町 水源池沈澱池
ここから函館山の元町配水池まで
鉄管を用いて水を引いた
湯の川温泉場
「根崎温泉」は厳密には
湯の川の東隣をさす
056 057 058 059 060
同左 湯の川市街 同左 湯の川温泉
温泉旅館 林長舘 (M7)
湯の川電車終点 林長舘前
M44 函館水電が
函館馬車鉄道を買収
T2.6 には電化
当初の路線は、東雲 - 湯川 及び
亀田 - 弁天 の二路線
写真は開通時の賑わいの様子
061 062 063 064 065
函館控訴院
M1 設置の箱館裁判所は行政府
M7 函館裁判所 (司法) 設置
M10 函館区裁判所 設置
M15 函館控訴裁判所 開庁
M19.5 函館控訴院と改称
T10 札幌へ移転 (札幌 114 参照)
台町 高龍寺本堂 (M33) 末廣町 電車通り
左手前は丸井今井百貨店 (T12)
(旧 市役所分庁舎)
末廣町 十字街付近
奥に丸井今井が見える
同左
066 067 068 069 070
同左
蓬莱町方面を望む
同左
右手前の老人は ???
同左 末廣町
日本銀行 (M44) 前
詳細は 090参照
末廣町 電車通り
遠方に丸井今井が見える
071 072 073 074 075
丸井今井より
十字街及び東部を望む
丸井今井より十字街方面を望む 渡辺熊四郎は金森洋物店 (M13) の
大成功で多角経営に乗り出す
中央 3階建は
金森森屋百貨店 (T10)
左手奥 7階建店舗は S5 に増築
東京以北最大 いずれも RC造
S9大火後 棒二荻野呉服店と合併
末廣町
基坂下より十字街方面を望む
左手前は三井銀行出張店 (M9)
本道で最初の銀行でもある
(M38 閉鎖され拓銀に譲渡)
二十銀行 (M18) 発行の絵葉書
同行は T1 第一銀行に吸収合併
東浜町 海岸通り
左手中ほどに金森船具店 (M44)
(現 金森美術館)
右手には桟橋、その奥に税関
函 館  #03 #01  #02  #04  #05  #06  INDEX  札幌  小樽  函館大火  道内各市町村